【就活】自己分析をしてもわからない。簡単にできるコツと陥りやすい罠(サンプル例あり)

就活・転職準備
  • 何から始めたらいいかわからない
  • よく言われているやり方でやったけど腑に落ちない
  • 過去を振り返ることに疲れた

就活では避けて通れない「自己分析」。

過去の出来事を振り返り、”性格や特性”を見つけ出すってなかなか難しいですよね。

かと言って、怠ってしまうと求める人材像に合わせてしまったり、入社後のミスマッチにも繋がりかねません

そこで今回は、

  • 自己分析はなぜ大事か
  • おすすめの自己分析のやり方
  • 自己分析で陥りやすい罠

についてお話ししていきます。

自己分析をすることで就活の軸を作り、社会人生活を実りのあるものにしていきましょう!

自己分析はなぜ大事?

入社後にイキイキと働くためです。

自己分析をすることで「どのような仕事・環境が良いのか?」見つけ出すことができます。

自分に合ったお仕事が見つかれば、何か仕事で困難なことや、壁が立ちはがったときでも「乗り越えよう」と思えます。“やりがい”を持て、もっと頑張ろうと充実感を持ちながら過ごすことができるのです。

逆に、合わないお仕事の場合は頑張ってもなかなか評価されにくく、自信が持てなくなり自分自身が嫌になってしまうこともあります。

入社後ギャップを感じ早期離職してしまっては、頑張った就活も水の泡となってしまいますよね…。

就活をしていると内定を早くもらいたい思いから、自己分析を後回しにしている方もいるかもしれません。

ですが、自己分析をすることで“ES・面接・仕事選び”もより精度をあげることができます。

しんどい時期ですが、未来の自分のためにもしっかりと自己分析をしていきましょう!

むつ
むつ

と言っている私だけど、就活では人気業界ばかり受けてた(汗)自己分析が不十分なことも一因で短期離職して辛かった…。だからこそ自己分析の重要さを身に染みて感じてるよ!

おすすめの自己分析のやり方

自己分析は1つではなく、色々なやり方があります。

その中でも、”簡単”かつ”自己分析しやすい方法”をご紹介していきます。

モチベーショングラフ

「過去〜現在」までモチベーションの上がり下がりを書き表すことで、思考・行動パターンを知ることができます。

思考・行動パターンは入社後どのように仕事を進めていくか?」にも大きく関わってくるため、押さえておきたいポイントです。

手順
  1. 縦軸をモチベーション、横軸を時間のグラフを作成
  2. モチベーションの上がった・下がった経験を記入
  3. 理由・動機を深掘りする
むつ
むつ

大きな成果がなくてもOK!私の実例を書いていくよ!

(例)

例として、大学生でのアルバイト経験をピックアップして深掘りしていきます。

  1. なぜ?(きっかけ )
    → 他の大学生と比べて何もないから。自信がなかったから。
  2. 自信がないのはなぜ?
    → 大学の同期に見下されて、間に受けてしまったから。
  3. それでも行動できたのはなぜ?
    → 努力している人を見て感化されたから。
    → 行動しないと変わらないと思ったから。
    → 少しでも自信が持てれば、就活・将来にプラスになると思ったから。
  4. 具体的に?
    → あえて都市部の人通りの多いカフェで働いた。
    → 友人が誘ってくれたため、一緒に働いた。
    → メニュー名・手順を把握して貢献できるようにした。
  5. その行動をしたのはなぜ?
    → やるならとことんやりたいから。
    → 自信がない分、できることを増やして自信をつけたいから。
  6. 結論
    → 周りに影響を受けやすい。
    → 慎重だが、やると決めたら行動力が高い。
    → 目に見える結果や褒められないと自信がつかない
    → 目標が明確であれば、それに向けて冷静に計画を立てれる。

このように一つ一つ深掘りしていくと、似たような行動パターンを見つけ出すことができます。それが「特性」です。

モチベーショングラフは過去の記憶を思い出しやすいので、その点でもおすすめですよ♪

むつ
むつ

自分では「当たり前の行動・思考」と思っていたことが特性だったりする!

マインドマップ

マインドマップは、連想をして本質を考えていくことができます。

枝分かれさせながら考えていくため「何をどう思ってその行動をしているのか?」価値観や思考を見つけることができます。

手順
  1. 真ん中に分析したいものを書く
  2. 「なぜ?どうして?どんなところが?」と深掘りして本質を探す
  3. 価値観・思考を見つける
むつ
むつ

難しく考えすぎず「ワクワク・楽しい・充実感」を書いていこう!私はカフェが好きだから、例として考えてみるよ♪

(例)

「なぜ?」ばかりでは行き詰まるため、“5W1H”で自問自答していくのがコツ。

  • 【Who】誰と行くことが多い?
    →基本少人数、1人、2人
  • 【When】いつ行くことが多い?
    →落ち着きたいとき、ご褒美、待ち時間の合間、暇つぶし、勉強したいとき
  • 【Where】どこのカフェに行く?
    →流行りのカフェ、いつも行く近場のカフェ、雰囲気が素敵な森の中のカフェ
  • 【What】カフェの何が好き?
    →ゆったり過ごせる、長居しても良いところ
  • 【Why】なぜカフェが好き?
    →おしゃれ、特別感、清潔
  • 【How】カフェはどう探す?
    →インスタで居心地が良さそうか、友人が好きそうか、定休日ではないか

など、同じカフェ好きでも思考はそれぞれです。

待ち時間によく利用する人と、インスタ映えを重視してカフェを探す人では「価値観・思考」も変わってきますよね。

マインドマップは様々な角度から思考を見つけ出すことができるため、おすすめですよ♪

自己分析で陥りやすい罠

本質がわからない

どれだけ自己分析をしても、「本質が何なのか?」腑に落ちないこともありませんか?

  • 〜するように行動している
  • 〜を意識して行動している
  • ~を心がけている など

「意識して頑張っている、心がけている行動」をピックアップしていませんか?

それは本質的なものではなく、苦手克服や理想に近づくためにしている行動かもしれません。

自己分析は、”他の人と比べて秀でている特別なところ”はなくても良いのです。

当たり前と思っていること・無意識にしているもの”を見つけ、「いつもの行動・思考」を深掘りしていきましょう!

自分がわからなくなる

自己分析を自分なりにやってみたものの、友人に性格を聞くと分析結果と真逆のことを言われたりすることもありますよね。

「本当の自分って何だろう?」状態になります。

人はジョハリの窓のように、知らず知らずのうちに“自分では認識していない特徴”があったり、“他人には隠している”部分もあります。

家族の前と、友人の前では立ち振る舞い方が違う人もいるでしょう。

それが「もともとの特性なのか?表面上のものなのか?」どちらか判断するためにも、まずはベースとなる自己分析を自分自身で行っていく必要がありますね。

「なぜ?」を繰り返してもわからない

自己分析はよく「なぜ?」を5回繰り返すのが良いと言われていますよね。

ただ、「なぜ?」ばかりだと思考停止してしまうこともあります。そのため、自問自答する質問のレパートリーを増やしていきましょう!

むつ
むつ

“5W1H”を使うと自己分析がしやすいよ♪

  • 【Who】誰と?
  • 【When】いつ?
  • 【Where】どこの?
  • 【What】何を?
  • 【Why】なぜ?
  • 【How】どんな?

色々な角度から深掘りしていくことで、本質が見えてきます。

「なぜ?」にこだわりすぎず、あらゆる視点から考えていきましょう!

自己分析に行き詰まったときの対処法

直感で進めてみる

自己分析をするときに、深く考えすぎないようにしていきましょう。

直感で進めた方が、本質に近い考えが見つかりやすいからです。

論理的に考え込んでしまうと、正解に寄せてしまったり、迷走状態に陥ることもあります。

最初は、時間を決めて直感で進めていきましょう!

就活エージェントに相談する

プロの視点で、一緒に自己分析を行ってくれるのでおすすめです。

ただ、相手のペースに流されてしまう可能性もあるため、ある程度は自分の力で自己分析を行っておきましょう。

むつ
むつ

フィードバックをもらったり、行き詰まったときにアドバイスをもらうのが理想的!

一人で進めていると、どうしても固定概念があり、行き詰まってしまうこともあります。

それが原因で心が折れてしまい、自己分析を疎かにしたまま就活を進めてしてしまうこともあるのです。

客観的かつプロの視点からアドバイスをもらえ、就活の相談にも乗ってくれるため心強いですよ。

自己分析ツールを使ってみる

特性は何となく掴めても、言葉(単語)に表すのは難しいこともありますよね。

自己分析ツールは、簡単な質問に答えていくだけで特徴を知ることが可能です。

特徴を単語で示してくれるため、自分自身を表現できる「これだっ!」という言葉を見つけることができますよ♪

「やりすぎ・頼りすぎ」は混乱してしまうため注意が必要ですが、使って損はないツールですね!

\ストレス耐性・価値観など、細やかな分析が可能!/

自己分析は企業分析とセットで

自己分析の結果を”企業選び”と結びつけるためにも、企業分析もしっかりやっておきましょう。

下記のようにイメージだけで選んでしまうと、ギャップが生じることもあるからです。

  • ノルマ達成することがモチベーションに繋がる
    → 営業
  • コツコツするのが好き
    → 事務
  • 人と関わることが好き
    → 受付、接客

もちろん、上記が間違っているわけではありません。しかし、業界・職種・企業ごとに色があるためイメージだけで判断は難しく、企業分析で明確にしておく必要があります。

(例)事務職

  • 金融事務
    → コツコツも大切だが、お金に関わるためプレッシャーも大きい。窓口担当であれば、目の前でお客様を待たせているためスピードも求められる。
  • 人材事務
    → コツコツとできるが、対個人・営業担当の電話対応も多い。社外より社内でのやり取りが多いためコミュニケーション力も必要。
  • サービス系の受付事務
    → 接客・事務と同時進行のため、マルチタスクが多め。

    ※企業により異なる

職種で一括りにしても、業界・職種によって求められることも異なるため、自己分析と企業分析はセットで行っていくのがおすすめですよ♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自己分析は過去の自分を振り返ったり、向き合ったりと疲れてしまうことも多いです。

しかし、”自分を知ること”は就活だけではなく、今後「人生の分岐点にあったとき・壁にぶつかったとき」にも役立ちます。

隅から隅まで自分自身を知ることは難しいですが、6割程度でも理解できていれば今後の「道しるべ」にもなりますよ(^^)

しんどい時期ですが、未来の自分のためにもうひと踏ん張りしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました