【元派遣営業が解説】紹介予定派遣はやめたほうがいい?メリットと募集企業の特徴

紹介予定派遣

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品・サービス紹介をしております。

・直接雇用になれる可能性があるって怪しい…。
・紹介予定派遣で求人募集している企業っていいの?
・派遣から直接雇用になれるってほんと?

初めて「紹介予定派遣」を知った方は、怪しまれる方が多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

・紹介予定派遣はやめておいた方がいいと言われる5つの理由
・紹介予定派遣のメリット
・【暴露】企業が紹介予定派遣で求人募集をする理由

についてお話ししていきます。

Tさん
Tさん

身近にないサービスだから怪しんでしまう…。

むつ
むつ

元大手派遣営業の私が、具体的にご紹介していきます♪

紹介予定派遣はあまり知られていないサービスですが、「もっと早く知りたかった!知っていれば短期離職に繋がらなかったかも。」と言う人もいるサービスです。

「良い面・悪い面」の両方をお話ししていくので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも紹介予定派遣って何?

紹介予定派遣とは

「6ヶ月以内の派遣期間」を経たあと、双方(派遣スタッフ・派遣先企業)の合意があれば、派遣先企業の直接雇用になれるサービスです。

「6ヶ月以内の派遣期間」のため、それまでに派遣先企業・派遣スタッフ双方合意があれば直接雇用になることもできます。

「直接雇用=正社員ではない」こともあるため要チェックです。※派遣先による

Tさん
Tさん

もし、6ヶ月以内に決められなかったらどうしたらいいのだろう?

むつ
むつ

「6ヶ月を超える派遣期間」はNGです…!そのため、派遣スタッフも派遣先企業も「6ヶ月以内に直接雇用にするかどうか・なるかどうか」判断する必要があります

Tさん
Tさん

ほぉ。その期間内に職場を見極めなきゃいけないってことか…!

紹介予定派遣はやめておいた方がいいと言われる5つの理由

では、「紹介予定派遣はやめておいたほうがいいと言われる5つの理由」は何なのでしょうか。

①直接雇用=正社員ではない
②選考がある
③選考期間が長い
④複数同時に受けられない
⑤直接雇用になれない可能性もある

紹介予定派遣はメリットもありますが、状況によってはデメリットが多いこともあります。

自分に合ったサービスかどうか、確認していきましょう。

①直接雇用=正社員ではない

1つ目は「直接雇用=正社員」ではないからです。

紹介予定派遣は、ほとんどの人が「正社員を目指す」ことが多いのではないでしょうか?

ただ、直接雇用には「契約社員、パート、アルバイト」等も含まれます。※派遣先企業により異なる

紹介予定派遣求人すべてが、正社員予定ではないのです。

ぶっちゃけ、正社員希望の場合は他経由(エージェント・直接応募等)の方が求人数が多いため、やめたほうがいいと言われる1つの理由でしょう。

Tさん
Tさん

正社員を目指すなら、求人も限られるのね…!

むつ
むつ

興味のある求人があるかどうか、一度見てみるのも1つの手ですね…!

求人票にも記載があるため、あらかじめ「直接雇用後の雇用形態」はチェックしておきましょう。

②選考がある

2つ目は「書類選考・適性検査・面接等」選考があるからです。

派遣先企業によっては、二次面接まである企業もあります。

最初に派遣期間があるものの、ガッツリ選考があるため抵抗がある方は多いですね(ー ー;)

むつ
むつ

「選考があるのなら紹介予定派遣経由じゃなくても良いのでは?」と思う人も多いです。

Tさん
Tさん

確かに、選考があるなら迷ってしまうかも…。

紹介予定派遣の特徴

紹介予定派遣は履歴書・職務経歴書は「派遣会社を経由」してから派遣先企業へ提出されます。

③選考期間が長い

3つ目は「選考期間が長い」からです。

企業によりますが、選考~就業決定までには「約2~3週間」かかる場合もあります。

Tさん
Tさん

最初に派遣期間があっても、それだけ日数がかかるのか…!

むつ
むつ

特に、有名企業は応募が集中して長期戦になることもあります!

「すぐに働き始めたい!」という方は、スピード感のある一般派遣の方がいい場合もありますね。

>>スピードを求めるなら大手求人豊富なリクルートスタッフィング【広告】

④複数同時に受けられない

4つ目は「複数同時に受けられない」からです。

紹介予定派遣求人は、1つの派遣会社で1社しか受けることができません。

むつ
むつ

見比べるためには、他の派遣会社を登録する必要があります…!

Tさん
Tさん

受けてる会社が第一希望だと、結果が出るまで動けないね…。

求人の見比べがしづらいデメリットもあるため、躊躇する方もいるでしょう。

⑤直接雇用になれない可能性もある

5つ目は「直接雇用になれない可能性もある」からです。

むつ
むつ

面接に合格しても、直接雇用になれない可能性もあります…!

Tさん
Tさん

え!そうなの?!

「6ヶ月以内の派遣期間」は派遣先企業・派遣スタッフ【双方】の見極め期間です。

その間、派遣先企業側の理由で断られる場合や、派遣スタッフ側の理由で直接雇用まで至らないこともあります。

リスクも高いため、やめておいた方がいいと思うことも事実ですね…!

「企業側から断られたらどうしよう…。」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、働く側も見極めることができる期間でもありますね!

紹介予定派遣のメリット

では、紹介予定派遣を使うメリットは何なのでしょうか。

・競争率が低い
・求人を見極められる
・転職活動の幅を広げられる

「デメリット・メリット」両方を天秤にかけ、チェックしていきましょう。

競争率が低い

紹介予定派遣は、競争率が低い傾向にあります。(※派遣先にもよる)

と言うのも、そもそも紹介予定派遣を利用する人が少ないからです。

Tさん
Tさん

そもそもライバルが少ないってことか!

むつ
むつ

紹介予定派遣より、直接応募している人の方が圧倒的に多いですよね。

Tさん
Tさん

でも、企業は何で紹介予定派遣経由で募集するのだろう?

むつ
むつ

後ほどご紹介しますが、過去に紹介予定派遣で採用成功した会社や、一般派遣を利用した流れで募集している会社が多いです!

特に、派遣会社とパイプがある会社は、選考が通りやすいため狙い目です!

直接応募の時は選考が通りづらい求人でも、紹介予定派遣で通るケースもあります。

求人を見極められる

紹介予定派遣は、求人を見極めることができます。

むつ
むつ

これは、紹介予定派遣ならではのメリットですね!

直接雇用になる前に、「人間関係・環境・仕事内容等」を知れるからです。

~こんな悩みはありませんか?~
  • 入社後ギャップが大きく早期退職をした
  • 人間関係で絶対失敗したくない
  • 長期的に働ける職場を見つけるために慎重に転職したい

どんなに面接で話を聞いても、実際に働いてみなければわからないことは多くありますよね。

紹介予定派遣は、入社後のギャップを少なくして、長期的に働きやすいメリットがありますね。

Tさん
Tさん

たしかに、実際そこで働いてみないと見えてこないことってあるよね。

転職活動の幅を広げられる

紹介予定派遣を利用することで、幅を広げることもできます。

紹介予定派遣求人の中には、ここだけの非公開求人もあります。

むつ
むつ

大手企業・有名企業の直接雇用求人もあります!

Tさん
Tさん

直接応募では通りづらいお宝求人もあるかも!

直接雇用を希望している方は、「求人サイト・エージェント経由」で仕事探しをしていることがほとんどです。

そのため、応募方法を変えるだけで有利に選考が進むケースもあります!

仕事探しの幅を広げるという意味で、紹介予定派遣を利用するのはアリですよね♪

>>紹介予定派遣求人豊富!マッチング重視ならテンプスタッフ【広告】

【暴露】企業が紹介予定派遣で求人募集をする理由

「そもそも、紹介予定派遣で求人募集する企業っていいのかな?」
「直接応募の方が何となくイメージがいい…」

むつ
むつ

ぶっちゃけ気になるところですよね。(笑)

では、具体的に企業が「紹介予定派遣で求人募集する理由」をご紹介していきます。

・人材を見極めたい
・採用コスト・労力を抑えられる
・なかなか人が集まらない
・派遣会社とのパイプが強い

理由を知っておくことで、求人の見極めもしやすくなります。

一つ一つ確認していきましょう。

人材を見極めたい

人材を見極めるために、紹介予定派遣を利用する企業はあります。

紹介予定派遣では、選考だけではわからない「人柄・就業態度・職場の馴染み度合」を確認できるからです。

企業も、せっかく採用するなら「長期的に就業してくれる人材」と出会いたいと思っています。

そのために、派遣期間が存在する「紹介予定派遣」で募集をかけている企業もありますね…!

採用コスト・労力を抑えられる

「採用コスト・労力」を抑えられるため、紹介予定派遣で募集するケースもあります。

企業の採用の悩み

・求人広告費だけで数十万かかるものの、募集がなくコストが無駄になった
・内定を出したのに辞退されて、コストも労力もかかっている

紹介予定派遣は、「人材探し・書類回収・スケジュール設定・合否連絡等」全て派遣会社が行います。

求人募集企業は、派遣会社から届いた「履歴書」を確認し、面接するだけでOKです。

採用コストだけでなく、人材不足な企業は労力も抑えられるため、紹介予定派遣で求人募集することもあるでしょう。

なかなか人が集まらない

求人募集をしても人が集まらない企業は、紹介予定派遣を利用していることもあります。

むつ
むつ

他の求人媒体と併用している企業もあります!

(例)

・企業の立地が悪い(電車通勤ができない)
・年齢制限、スキルや保有資格など条件が細かい
・地方で求人募集をしている
 など

求人募集の幅を広げるために、紹介予定派遣で募集していることもあるでしょう。

「人が集まらない=人気のない企業」と決めつけすぎず、見ていくことも大切です。

派遣会社とのパイプが強い

派遣会社とのパイプが強く、紹介予定派遣で募集している企業もあります。

むつ
むつ

派遣を雇っている企業は、このような傾向が多いです。

例えば、正社員を募集したいとなった場合、お世話になっている派遣営業担当に依頼をして「紹介予定派遣」で募集するケースもあります。

この場合、派遣会社への期待度も高いため、選考も進みやすいです。

Tさん
Tさん

なるほど…!それは狙い目だね!

派遣会社とパイプがあり、紹介予定派遣にメリットを感じて利用している会社は多いでしょう。

>>紹介予定派遣求人豊富!マッチング重視ならテンプスタッフ【広告】

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

~紹介予定派遣はこんな人におすすめ~
  • ゆくゆくは直接雇用を目指したい。
  • 早期退職はできるだけ避けたい…。
  • 転職活動が上手く進まず、他の仕事探しの方法を知りたい…。

紹介予定派遣は6ヶ月以内の派遣期間がありますが、双方合意があれば直接雇用も目指せるサービスです。

「デメリット・メリット」両方ありますが、紹介予定派遣だからと言って、特別求人がブラックということはありません。(※派遣先にもよる)

むしろ、直接雇用になる前に「職場環境」を知ることができ、間に派遣会社も入ってくれるので安心という方もいます。

長期的に働くことができれば、経済的にも精神的にも心に余裕が持てるため、直接雇用を目指したい方は派遣会社に話だけでも聞いてみてくださいね(^^)

この記事を書いた人
むつ

HSP×20代派遣OL×大手総合人材会社出身。

20代で4回転職経験し、様々な雇用形態・働き方を経験。
人材会社で働いた知識と様々な視点で『自分らしく働く』ヒントになるような情報を発信中。

むつをフォローする
紹介予定派遣
スポンサーリンク
シェアする
むつをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました